カートに商品がありません。

現在の中身:0点

マルタ・バルドゥッキ(MARTA BARDUCCHI)

マルタ・バルドゥッキ(MARTA BARDUCCHI)


現役ミラノ工科大学の学生アーティストです。
マルタはいつでも絵と絵に関するすべてのものが大好きでした。小さい頃から絵に情熱を注ぎ、それが理由で高校入学にあたっては美術を専攻することに決めました。両親はマルタが小さい頃に描いた絵を大切に保管していました。子への愛情というだけでなく、彼女の中にあった芸術への強い情熱が彼らに伝わったのだと思います。成長とともにマルタは本格的に絵画を始め、また、違う素材を混ぜ合わせて、新たな表現を模索しました。そして彼女の情熱は、その後グラフィックとデザインの方向へと進みます。トリノ工科大学への進学では、グラフィック専攻に決めました。そして現在はミラノ工科大学で勉強を続けています。彼女はアメリカと日本の漫画が大好きで、折にふれ収集しています。そしてもちろん、これら漫画も彼女の芸術と絵画への情熱を高めてくれるそうです。

マルタの日常は、大学の授業に大部分の時間を取られますが、それでも彼女は、特別な用事がない時または勉強とグラフィックのコンクールに参加する合間に時間を見つけて、絵を描いたりスケッチをしたりしています。緑に囲まれた山間の村に住んでいるので、森の中を散歩したりもします。飼っている動物たちが好きで、彼らと一緒に過ごしていると、幸せを感じます。

絵画について、特定のスタイルにとらわれていると感じたことはありません。模写をする人、油絵を描く人、彫刻を好む人などがいますが、マルタは、刺激的で創造性があると思ったら、何でも取り入れます。おそらくそれが彼女の心の在り方なのかもしれません。特別な何かの専門家になったことは一度もありません。今も続く個人的な成長のために、選り好みをした時期もありました。おそらくそれは自分自身を成長されるための試みでした。

散歩に出て外の空気に触れるとると、創造力があふれてくるとよく言われています。彼女の衝動的な創造欲は、興味深いものを目にしたり、他者がつくった作品から沸き起こります。または自分を取り巻く環境や自然からも、こういった衝動が沸き起こります。

マルタが今最も望んでいるのは、まずは良い成績で大学を卒業し、しっかりと準備した上で仕事を始めること。そして仕事の世界で常に新しいこと、面白いことを学びたいと考えています。彼女は優秀なグラフィック・デザイナーになり、コミュニケーションの分野で私の創造力を生かしたいと思っています。現在のイタリアの状況は、あまり好ましくありません。仕事は少なく、若い世代はどんどん外国へと出ていきます。マルタは、彼女が愛するこの国で働き自活できることを心から願っています。将来的にこの国を改善する手助けががしたいとも考えています。

マルタは常に日本と東洋、それらの文化、芸術、色彩、料理に魅力を感じてきました。それは彼女が今まで慣れ親しんだものとは全てが違っていて、それらを前にすると、古い魔法にかかったようになります。余裕が出来たら、日本を訪問したいと思っています。彼女の一部といえる作品が、先に日本に行きました。

最後に彼女からのメッセージをお伝えします。

「私の作品をご覧下さる日本の皆さんに感謝します。私にとっては大変意味のあることです。大きな感謝の気持ちを皆さんに伝えます。」

【最終学校名】トリノ工科大学、ミラノ工科大学



全1件

  • Tuffo(飛び込み)

    Tuffo(飛び込み)

    15,120円(税込)

    • 000088-001

    深い水の底をテーマにした小さめの抽象画。 水に飛び込む時の感覚を表しています。 作品素材 カラーインクのエコラインとホットグルーを白い用紙の上で混ぜ合わせる手法。 取扱上の注意点 折ったり、丸めたりしないでください。また、水に濡らさないでください。 ...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト