カートに商品がありません。

現在の中身:0点

ガブリエッラ・サッチ(GABRIELLA SACCHI))

ガブリエッラ・サッチ(GABRIELLA SACCHI)

彼女は、1951年にミラノで生まれました。
ブレラ国立美術学院でデイプロマを取得し、ミラノ理工科大学の建築学部を卒業しました。
その後、若手の育成や出版の分野でも活躍し、Bruno Munariともコラボレーションをしています。

また、イタリア国内外で専門家の為の講習会も行っています。
1981年、ミラノで陶器の工房“NIBE” を設立しました。
そこでの研究や素材に関する研究は大きな成果をもたらし、実際の作品も多くつくられました。
実際の物づくりと研究は、教え、指導するということにも繋がりました。
2000年以降、工房の活動は徐々に活発化していきました。そして一つのパーツから成る作品づくりに行き着きました。 陶器を制作するための材料や仕事の手順は、彼女のオリジナリティーに溢れています。 彼女の作品創りのテーマは、様々なコミュニケーションの形や、彼女独特の空想の世界がもとになっています。 現在では、個人またはグループとしてイタリア国内や国外で展示会に参加する他、たびたびスイス、スペイン、フランス、オーストリア、ポルトガル、エジプト、韓国、台湾などでの国際コンクールに参加しています。

ガブリエッラ・サッチ(GABRIELLA SACCHI)



















order




全0件